人身事故の知識

慰謝料支払いと示談金支払の違いについて

人身事故を起こしたときに相手に支払うのは示談金なのだそうです。この前、父が若いころはいろいろと無茶なことをしたという話になった時にその話を母から聞きました。特に多かったのが運転に関するものでした。父は仕事に行く時に車で通勤していたので、いろいろな事故に遭っていたそうです。

それは自分が起こしたものだったり、逆に自分が巻き込まれてしまったものもありました。一番母が印象に残っている車に関する事故は父が仕事をはじめて三年目くらいの年末にあったそうです。夜中の2時頃いきなり家の電話が鳴って、あわてて母が電話に出ると相手は警察でした。父が人身事故を起こしたということで今すぐに迎えに来てくださいという内容でした。小さかった私を近所の知り合いに預けて警察署へ行ったのですが、すぐに父と会うことはできなかったそうです。

その日は会社の忘年会で会社で飲んでいて、上司を家まで送って帰る途中に居眠りをしてしまってその時に人身事故を起こしてしまったのだそうです。事故に合わせてしまった相手とは示談で決着がついたのですが、これがひどいケースになると慰謝料を請求されてしまうこともあるのかもしれないので、父は幸運だったのかもしれません。