人身事故の知識

人身事故で弁護士に依頼するメリットについて

人身事故で被害者側の立場になった場合、弁護士に示談交渉を依頼するメリットとはなんでしょうか。

○ スピーディーに、より多くの賠償金が受け取れる可能性があります。
任意保険の賠償額の基準よりも、裁判による賠償額の基準の方が、高額になっています。弁護士に依頼することで、任意保険会社の対応が、判例などを基にしたものになります。交渉がスムーズになることにより、示談成立までの期間の短縮化がみこまれます。裁判にしなくても、より多くの賠償金を手にすることができます。裁判で争うことも可能です。

○ 相手側の言い分をわかりやすく説明します。
相手側の保険会社の説明が、素人にはわからないこともあるかもしれません。弁護士に依頼することで、内容をきちんと理解して進めることができます。

○ 長期の治療による補償の打ち切りに対抗できます。
治療が長期に渡ってくると、医療費や休業補償費の打ち切りを示唆されることがあります。個人で対応していると、不安を抱えながら、生活をすることになります。弁護士に依頼していれば、対応を望むことができます。

○ ストレスを軽減し、治療や仕事に専念できます。
保険会社や加害者との交渉は、ストレスがたまるものです。弁護士に依頼することで、ストレスから解放されて、ゆったりとした気持ちで、治療や仕事などに専念することができます。

○ 後遺障害等級認定を被害者請求できます。
後遺障害に伴う損害賠償請求には、事前請求と被害者請求があります。事前請求は任意保険会社を通しますので、任意保険会社の主導で進められます。被害者請求は、直接、自賠責保険会社に、後遺障害等級認定を申請します。弁護士に依頼することで、煩雑で専門性のある被害者請求を行うことができます。透明性の高い方法で、先に自賠責部分の補償を受け取ることができますので、任意保険分の補償請求を有利に進めることができます。