人身事故の知識

人身事故と物損事故の違いについての説明

人身事故と物損事故はどういった違いがあるのでしょうか。人身事故に遭ったときや人身事故を起こしてしまった場合には、人身事故できちんと届けた方が、後のトラブルを防ぐことができます。加害者側に、運転免許証の累積減点数の問題や仕事で車を使うなどの理由で、人身事故扱いにしないことを頼まれた場合には、断る方が賢明です。

○ けが人や死亡者の有無で決まります。
けが人や死亡者がいる交通事故は人身事故、けが人や死亡者いない場合には物損事故になります。人身事故では、医師の診断書を警察に提出します。物損事故は、自賠責保険の補償の対象外になります。任意保険か自己資金で賠償を行うことになります。

○ 保険会社への治療費や慰謝料の請求には、人身事故の証明書が必要です。
保険会社へ治療費や慰謝料の請求には、人身事故の証明書が必要になります。物損事故でも、人身事故証明書入手不能理由書を提出することになり、自賠責保険から120万円までの治療費がでることがあります。しかし、確実に認められるとは限りません。また、治療が長引き高額になった場合の費用負担について、後々にトラブルになる可能性があります。

○ 人身事故の場合には、刑事責任が発生します。
人身事故の場合には、行政処分や刑事処分の対象になります。民事上の責任も負うことになります。

○ 物損事故と人身事故の切り替えについて
物損事故として処理された事故後、後から身体に痛みが生じた場合には、人身事故に切り替えることができます。これに対して、人身事故から物損事故への切り替えは初期段階を除いては、原則としてできません。被害者側が加害者の罪の軽減を求める場合には、軽減嘆願書を書き、警察に提出します。