人身事故の知識

人身事故に対処する際の留意点

人身事故において、加害者となった場合も被害者となった場合にも注意すべき点がいくつかあります。日常生活を送る上で、誰しも交通事故に遭遇する可能性はあります。いざという時に慌てないためにも、知識として身につけておきましょう。

<加害者が注意すべき点>
・被害者への対応は誠実に ・・・ 負傷者を出してしまった場合、迅速に救急車を呼ぶことはもちろんのこと、病院などへのお見舞いも最低1回は行きましょう。そして示談交渉についてあまり急がないことが大切です。示談交渉成立は刑事上の責任において罪状を左右する場合もありますが、被害者側の心証を悪くする可能性もあるからです。被害者の立場になって誠意ある対応を心がけましょう。

<被害者が注意すべき点>
・必ず病院での診察を受けましょう ・・・ 事故直後は興奮状態で痛みを感じない場合があります。しかし、事故からしばらく経って症状が出る場合がありますので、症状がなくても必ず診察を受けておきましょう。
・示談交渉は慎重に ・・・ 示談交渉を持ちかけられた場合は、怪我の治療が終了してから行うようにしましょう。治療中では完治までどのくらいかかるか分からず、治療費を途中で打ち切られる可能性もあります。また交渉内容は公正証書にして強制執行力のある書面としておきましょう。

・加害者の支払い能力の確認 ・・・ 慰謝料や治療費を請求するには、相手側に支払い能力がないと支払ってもらえません。事故時に相手の加入している保険会社の確認を始め、住所や勤務先などを確認しておきましょう。
万が一連絡が取れなくなった場合は保険会社への請求が可能となります。