人身事故の対応

わからなかったら弁護士に相談する

最近、私がよく利用する電車の人身事故のニュースがよくラジオで流れています。最近人身事故のニュースがとても多いような気がします。どうして自ら尊い命を絶ってしまうのだろうと思うことがあります。都心や副都心への旅客輸送に応えるため,乗換えが多かった時と比べて、今は鉄道会社の間で相互に相手の路線に電車を通す相互運転というのが主流でどこへ行くにもアクセス条件がよくてとても便利です。

複数の電車が乗り入れている駅や線路で人身事故が起きるとダイヤが大幅に乱れてしまい運転再開に時間がかかり多くの乗客に迷惑がかかります。鉄道会社へ賠償金を払わなくてはなりません。鉄道会社は自殺した本人に対して損害賠償請求を行うようですが、本人が死亡した場合は自殺者本人の相続として、遺族が返済義務者となるようです。

自殺を起こした路線のダイヤ編成にもよりますが、多額の賠償金が請求されるとのことです。こういう場合やはりわからなかったら弁護士に相談するのが良いと考えます鉄道会社各社は、自殺の場合は被害者遺族の生活状況によっては、損害賠償額を減額したり請求しない場合があるようですが鉄道会社の泣き寝入りという流れは止めて欲しいと思います。