人身事故の対応

【やってしまった】事故後の処理はどうしたら良いか?

自動車ディーラー、保険の代理店、ネット系損保から自動車保険を選べます。以前は、自動車ディーラー、保険代理店、といった程度の選択肢しかありませんでしたが、ここ十年ほどの間でネット通販型自動車保険が普及してきました。

これらには共に、メリット、デメリットがあります。全国的に大きなネットワークと契約している損保会社もありますし、保険会社と手軽に契約できるような損保もあります。また、保証内容が対人か対物かで大きく変わってきますので、人身事故の場合特に自動車保険は重要になってきます。また、単に人身事故と言っても、自動車と人間とは限りません。自転車による人身事故が多発しています。死亡事故さえ起こっているのです。

乗る人によって、自転車が凶器となってしまうことがあまり周知徹底されているとは思えません。今だに、酒酔い運転や夜間無灯で走行している自転車や携帯電話を見ながら運転をしている人をよく見ます。私自身も軽い怪我を負わされ、逃げられたことがあります。自転車は気軽に乗れる、クリーンな乗り物です。

ツールではありますが、リスクを伴うツールであることをお忘れなく。これ以上自転車のイメージを悪くするのは、やめましょうよ。